みかんの貯蔵

今日は、ちょっと寒かったですが、寒い貯蔵庫のなかで、みかんの貯蔵をしました。
足の感覚がもうない・・・。

きのう、選別したみかんを貯蔵庫で眠らせます。
※これは予措(よそ)をするといいます。

スポンサーリンク

予措とは果皮を乾燥させることを目的とする貯蔵方法だそうです。

果皮を乾燥させることで、果肉から果皮への水分移行が減少し、
その結果、味が落ち着いてきて糖・酸のバランスが良くなり味がまろやかになります。

(※腐敗の発生の防止や浮き皮防止、す上がり防止などの品質劣化抑制効果あり)

貯蔵庫は木で作られていて、
キーキー棚を直すときに言うのがちょっと耳に障り
寒さとは別の意味で背筋がぞっとしてしまいます。

↓こんなかんじでならべます。

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

   
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です