稲の苗づくり。その2

本日は稲のポット苗を準備しました。

スポンサーリンク
さーて、今日はがっつり一日作業です!
軽トラの準備よし!


荷物いっぱい。

今日はポット苗を作る機械がある、
知り合いの家へ行き、共同作業です!

で、これがその機械です。

最初、ポットのトレーを送り出し、最初の関門「床土」で土を敷きます。

そのあと籾種(もみだね)をポットに落とし、再度土をかぶせて、
完成にポット苗が流れ出てきます。ようは流れ作業。

これがかなりの量(軽トラ4台分位かな)ありまして、
お昼過ぎまでして、どうにか完成しました。

ポットトレイを運んだり土を入れたりするのはやはり人の力ですが。
ほとんど機械がしてくれるので、機械さまさまでした。
ということで

っと今回は・・・まだ作業は終わりません。

今日作ったポット苗は芽が伸びるまで、
田んぼに置いて水をあげたりしますので

これを田んぼに並べます!
これも結構地道な作業。


こんな感じにポットトレイに取っ手をつけて運びます。


こんな感じに敷きつめていきます。

これをすべて田んぼに敷きつめて
日が落ちたころに終了。

最後はお水をやって今日の作業は終了しました。
さすがに作業に参加した皆さんもくたくたでした。

 

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

   
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です