移植した木は育てましょう。

本日は、一日みかんの摘蕾でした。

スポンサーリンク
それにしても、今日も暑いですね。
今回の畑は高台のところだったので、影がまったくありませんでした。

臼杵市では、その中でも特に、
うちの近くは全く雨が降りません。
なので、

みかんの木も、ところどころ枯れてます。
いやー、ここまで干ばつになると大変ですね。

摘蕾をしながらこういう枯れ枝は

緑の枝のところまで切ってから


接ぎロウをぬっておきます。
やっぱり接ぎロウを塗ってないと枯れこみますね。
枯れ枝も傷をつけたり病気を持つので気が付いたら切り返してます。

昼からは、
以前みかんを移植したところを摘蕾しました。


この木は今年移植したばかりなので、
今年は実をならさないで、木をしっかりさせることを目的とします。

実をつけると木にエネルギーが行きませんので

これらの花を摘蕾します。すべて!!全部!!

ところどころ、花が付いている木を

ぷちぷちと地道にとっていきました。

いやーこの畑も暑いね、まったく。
麦わら帽子がほしくなりました。

この畑も、やはり雨が降っていないので、地面が乾いて
木も結構やついれていました。

移植したばかりなので、
やはり雨が降ってもらわないと根がつかなく枯れてしまいます。
どうかおてんとうさま、よろしくお願いします!

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

   
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です