クヌギの木を切りましょう。

本日はクヌギの木を切りました。

スポンサーリンク
さて、ちょっとした大仕事です。


そうそう、このまるまると太ったピー子ちゃんをバシっと・・・違います。

そっちじゃなくて、この先の

写真の真ん中ちょい右の、おっきなクヌギの木を切りたおします。

なぜかといいますと、
今年ちょっとお試しで「あるもの」を作ってみようかということで、
その準備です。
でも、

ちょっとデカイ・・・ふつう「しいたけ」 に使うのは
もうちょっと小さいうちに切るそうです。

ということで


この木を切るのは大旦那さま。

まずはこの長いチェーンソーで、

下のほうの枝を切っていきます。

切った枝は


畑の道に並べていきます。
見た目以上に、クヌギの木って重いんですね。



こんな感じに枝を切ったら、いよいよ切り倒します。

そのままで切り倒すのでは
どこに倒れて行くのか分かりませんので、
ワイヤーをかけてひっぱります。その土台は・・・、


大きなみかんの木。・・・たまたま近くにあったから。
傷つけないように、とりあえずみかんの木にも布を巻いてカバー。

これにワイヤーをかけて


クヌギの木にワイヤーをつけ、
その間にワイヤーを引っ張るのをつけます。

そして、チェンソーをふつうのに持ちかえて、


切り倒します。


ちゃんとした向きに倒すために、ちゃんと切り込みをいれ
ワイヤーをちょいひっぱって、いざ!


どーん!!っと
みごとにクヌギの木は倒れました。


すっきりしましたね。

でも、これからも大変。もちあげないとね。

ところどころ枝を切りながら、道に運んでいきます。
大きい部分はさすがにワイヤーで引っ張らないとあがらなかったです。

で、なんとか上に持ち上げて

完了です。うわー道に木がたくさん。
しばらくここに置いておいて、後日また小さく切っていきます。

そして、「しいたけ」の植菌(駒打ち)をしていきます。
今年は試しに「しいたけ」をつくってみよう!!ということで
その下準備でした。

※ちなみにこのクヌギの木は、
もともとうちの畑で育っている木です。

ということで、なんとかクヌギの木の伐採も完了です。

クヌギの木を切り倒すときは、どこに転がっていくかわかんないので
ホント気をつけないと怪我をしそうですね。
勉強になりました。

後は帰ってとうがらし畑の片づけで本日は終了。

針金を巻き巻きでした。 今日は・・・風が冷たくて寒かったー!!

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

   
   

クヌギの木を切りましょう。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です