八朔もはじめました。

紅八朔の販売も始めました(皮の剥き方講座あり)。

スポンサーリンク
いつも「えんどうさんち」をありがとうございます。
紅八朔もそろそろ食べごろなので販売を始めました。

紅八朔は普通の八朔よりも色が濃く糖度が高くて味が濃いのが特徴です。

甘みと酸味とちょっとだけ苦み、これらが交わって、口の中をさわやかにしてくれます。
もちろん、大きいので食べ応えも抜群ですよ。

・・・

だがしかし!!

八朔は、皮が厚くて「皮の剥き方」を知らない人が多いみたい・・・。
おいしいのになぁ。
ということで、皮むきのレッスンスタートです。
ちなみ・・・私もあまり得意ではありませんが(笑)
用意するもの

包丁(果物ナイフ等)、八朔(あたりまえ)
八朔の皮は厚いので

まず八朔の上の部分と下の部分を切ります。
野菜の”へた”を切るみたいに、実があるかないかくらいをザン!っと切ります。

※写真は・・・ちょっと失敗しています・・・テヘっ
次に、周りの皮は、手で剥きやすくするため、

縦に切れ目を入れていきます。


5mmくらいかな、果実がちょっと当たるか当たらないかくらいで切ります。
5か所に切れ込みを入れました。

あとは手をつかって

皮をむいていきます。

これで皮の剥き方は終了です。

ようやくみかんらしくなりました。

あとは

ひとつひとつ分けてとって

内皮をむいて

じゅーしーな実を食べます。
内皮を食べてもいいですが、硬くて苦いですよ。

というわけで、

まだ食べたことがない方!
八朔を是非食べてみてくださいね!

 えんどうさんちの紅八朔はここから買えます。

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

   
   

八朔もはじめました。」への1件のフィードバック

  1. いかづちの里 より:

    おいしそう!!
    よだれ、生唾が出てきます。
    甘酸っぱさと苦みがたまりません。
    剥き方失敗はちょっと残念**

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です