作業日誌

杉の木の皮をはぐっ。

投稿日:

本日は昨日切った杉の木の皮をはぎました。

でも、今日はまず一番に竹山にいきました。


もうタケノコが出ているみたいです。イノシシ君が食べてました。

で、なぜ竹山かというと・・・・

「竹べら」をつくるためです。

この竹べら

先を削って鋭くします。
これをもって杉の皮をはいでいくのです!

これを使って皮をはいでいくことで

傷がつきにくいとのことで、昔の人が考えた知恵ですね。
杉の皮もきれいにはがせていけます。

・・・

・・・・・・

・・・・・・が、時間がかかる・・・

挫折が思ったより早かったので(笑)、
ちょっとした秘密兵器投入。

こんなツール始めてみました。
どうやらじいちゃんの代からあるみたい、大事に磨いでとってます。

これは木の皮を剥ぐ道具です(名前はわかりません)。
竹べらでは、木が細いので思ったより剥げないので今回はこれでやらせて。


ということで、
せっせ、せっせと一日がかりでこの作業を行いました。

夕方にどうにか完成

ちょっと雑ではありますが、何とか剥ぎ終えました。

これで終わりというわけではなく、

この薬をつけて本日は終了です。
これは、防カビ剤です。もうちょっとここに置いておくのでちゃんとしとかないとね。

にしても、うー疲れたー。
親子で腰が痛い・・・とわめいております(笑)。
これも、息子、孫のためと思ってやりましたよ~。

Related Posts (YARPP)

-作業日誌
-,

Copyright© 臼杵のえんどうさんち: ニュース&観光情報 , 2018 All Rights Reserved.