みかんの移植。

今日は、みかんの移植をしました。

スポンサーリンク
昨日、かぼすの木を抜いた所に、今度はみかんを移植します。

カボス畑の跡地です。結構この畑は石が多い。


上の畑の一部にある、みかんの木を移植します。
ユンボーでみかんの木を抜いていきます。


抜いたみかんの木はこんな感じです。
ユンボーがあるとホント便利ですねぇ。感謝です。


植えるところには、もちろん穴を掘ります。
これもユンボーで掘ります。


それから、木をユンボーでもってきて、土をかけていきます。
これは手作業なので、スコップやくわなどを使って土をかけていきます。
石が地面にいっぱいうまっているので、掘るのが大変。


こんな感じで、みかんの移植をしました。
んー、一日で終わったのですが、ユンボーさまさまです。

成る年に移植をするほうがいいといいますが、
これはやっぱり木や根に養分があるからなのでしょうね。
これからが楽しみです。

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

   
   

みかんの移植。」への1件のフィードバック

  1. […] で、この畑のカボスにもまき終わって、少し余ったので、  去年移植した、温州みかんにも堆肥をまきました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です