移植した後のおしごと。

今日は先日、移植したみかん、カボスの整備をしました。

スポンサーリンク
みかん畑は、みかんの木ををかっこよくするため・・・ではなく、
日差しがちゃんとあたって、すくすく育つように、支柱をたてました。

それから、、みかんの木の下側、地面にパイプをおいて、

ホースを引っ張って、

エンジンポンプにつなげます。

さてさて、もちろんこれで、みかんの木にお水をあげるのですが、
どうなるかといいますと・・・

写真のように「シャー」っと水が散布されます。
最近、雨が降らないので、人の手でお水をやりました。
うわー、びしょびしょになってしまいました。

それから、カボス畑では同じようにお水はあげ、
今日は剪定をしました。


移植後、根っこも切れていたりして弱くなっているので強めに剪定。

切った後もこんなに・・・。

うわー、いっぱい。一本の木からこんなに剪定しましたー。

こんなに切るのは、日ごろ「もったいない」と思ってできませんが、
今回に限っては切らないといけないので、何か感覚が変になりそうでした。

カボスの剪定も無事終わりました!。

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

   
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です