特別公開で、いつもより急接近?国宝臼杵石仏の修復現場に行ってきました(大分県臼杵市)

更新日:

えんどうさんちです。
今日は「臼杵石仏」の修復現場特別公開に行ってきました。

さて、いつもの臼杵石仏の入り口ですが

今日は嫁さんと一緒だったので受付でご挨拶も。発券売場の横に・・・旧・ほっとさんのぬいぐるみが・・・ちょっと、びっくりしました。それはそれとして入っていきましょう。
th_DSC08371
※臼杵石仏、臼杵市民は基本無料です。(身分証明書を持参で行ってみましょう。)

修復現場があるのはホキ石仏第2群

今回、修復現場が公開されるのは、阿弥陀如来像がある「ホキ石仏第二群」です。受付を通り、この参道を登ってすぐのところですね。th_DSC08375

たどり着いた石仏の前に足場がありました。

到着すると、観音菩薩立像、阿弥陀如来坐像、勢至菩薩立像の前に、足場がありました。柵を超えて、いつもは入れない部分にも行けるようになっていました。
th_DSC08381
修復作業についての流れなどもここに説明が書かれていました。
シダ類などの着生生物がつくので、それを取り除いて綺麗にする作業のようです。
th_DSC08380
紫外線を照射するのはそのクリーニングのためだったんですね。初めて知りました。
th_DSC08386

実際に登ってみました

足場は工事用みたいでしたが、いつもとは違い柵を越えれるので、すごく近くまでいけました。なかなか新鮮な気分で味わえました。
th_DSC08382
昔、修復現場の公開の時に、実際ちかくまでいき、石仏にキスをしたおばちゃんが、いるとかいないとか。そんな話もしていました。それぐらい近くに行けます。
th_DSC08384

足元を見ると、実際に除去作業中

ふと下を見てみると、作業をしている人がいました。本当に修復中に公開をしているんですね。どうもお邪魔しました。
th_DSC08385

今回のまとめ、年に2回しか見れない修復現場。

この修復現場の一般公開は、年に2回しか行われていないそうです。実際に来てみて、石仏は残していくのにも人の手がしっかりかかっているのだなと、あらためて感じました。さすがにキスはしませんでしたが、石仏さんの顔の近くまでいけたし、素敵な体験でした。日頃行き慣れている臼杵石仏でしたが、このような特別なイベントがある日は逃しちゃいけないなーっとあらためて思いました。
th_DSC08378

-

Copyright© 臼杵のえんどうさんち: 臼杵市のイベント・観光情報 , 2018 All Rights Reserved.