時間を楽しむということ。臼杵石仏に行って歩いてみたらわかるかも。【大分県臼杵市】

更新日:

えんどうさんちです。
修復現場の特別公開」のときに、一緒にとった写真をこちらに載せておきます。

臼杵石仏は何度きても、いやされます。

臼杵石仏の修復現場特別公開の本編はこちらですが、


今回はそれ以外の写真をとったので、貼っていきます。

参道がここちよい空間

かなりコンパクトにまとまっているなーっといつも感心するのですが、臼杵石仏は参道がやっぱりすきですね。以前も書きましたがここでも書いておきますね(笑)

受付を通り、「さぁ、お参りにいきましょう」という最初の道です。この先に最初の石仏群があります。

th_DSC08374

今回は、あえて石仏にスポットを当てません(^^;)
最初の石仏群を抜け、階段を上ると写真に写っている建物。ここにも石仏があります。
この写真はそこを抜けてぐーっと大きくカーブを描いている道から撮影。

th_DSC08388

 

また、その場所から、順路の道の正面を向くとここにも石仏が。階段を登りお参りをしているひとがいますね。ここの石仏さまのかおはすごく優しそうで好きです。

 

 

th_DSC08389

そこを過ぎて歩いて行くと、左手側に先ほど歩いてきた石仏群の建物が大きく見えるようになってます。

th_DSC08390

 

 

 

で、階段を降り、カーブを曲がり順路を歩いて行くと・・・ここは素敵スポットの一つです。
この木漏れ日の向こうに、有名な大日如来像があります。お線香の煙と光の関係で木漏れ日が綺麗です。

th_DSC08392

この木漏れ日を抜けて、大日如来像に到着。。。といういった感じですね。最後に石仏さんの写真を一枚だけ載せておきましょう。

 

th_DSC08394

 

 

おまけ、お土産もチェック

ほっとさんのグッズがここにも・・・。ほっとさんが怪しいw。
缶バッジはかわいい。このバージョンは知らなかったなー。

th_DSC08399

怪しいほっとさん雛

 

th_DSC08400

裏話なんですが、ほっとさんの作者以外が「ほっとさん」を描くと、「ゆるさ・適当さ」が抜けて「かわいく」なってしまうということがあったりします(プロであればあるほど?)。それはそれで全然OKみたいですが、「ほっとさん」は多分完全にコピーすることはできない・・・いや、あのこれ良い意味ですよ、もちろん。・・・手書きでもゆるい上、プロはパワポは使わんもんなー。

 

Related Posts (YARPP)

-

Copyright© 臼杵のえんどうさんち: 臼杵市のイベント・観光情報 , 2018 All Rights Reserved.