どこか懐かしい匂いのする臼杵の駅。上臼杵駅は無人駅になります。(大分県臼杵市)

えんどうさんちです。
今日は、実ははじめてな「上臼杵駅」から電車にのってみました。

スポンサーリンク

※上臼杵駅の時刻表等はこちらからチェックしてくださいね。

上臼杵駅(駅情報) – 九州旅客鉄道
上臼杵駅(wikipedia)

臼杵市の中で、最も風情がある「田舎の駅」

上臼杵駅は、メインの道路の裏側に入ったところにあり、ちょっと表からみえませんが、実際に言ってみると、とても懐かしいにおいがする風情のある駅です。
th_DSC06479私はふつう「熊崎駅」からしかのりませんが、今日は「無人駅化」になってしまうということで、上臼杵駅からのってみることにしてみました。(寝過ごして)上臼杵駅に降りたことはありますが、今回のってみるのははじめてです。

中に入ってみるとそれなりに広いかも?

中に入ってみると、右手側に駅員さんがいる部屋があり、左手側に椅子などが有ります。
朝10時くらいだったのでとても静かでした。
th_DSC06476

平成27年3月14日(土)から無人駅化になります

熊崎駅も同じくなのですが、係員の方が3月からいなくなり完全な無人駅となってしまいます。
ツイッターなどで、「寂しい」という声もよく聞きます。通気や通学に利用する人が多いでしょうから、毎日見かける人がいなくなると少し寂しい気もしますね。
th_DSC06481
ここの窓口もなくなちゃうんでしょうね。人がすくなるなってるからしょうが無いこと…なのかな。
th_DSC06477

改札口を出ると、長椅子やお花がありました。

改札口を出ると階段がありますが、その前に建物のまわりを撮ってみました。
th_DSC06482
長椅子とがここには、なかなかいい具合に色あせていてとても昭和を感じてしまいます。
th_DSC06483
こちらは事務所の入口側、お花も前にありとてもきれいになっています。
th_DSC06484

ちいさな階段をのぼると、そこはホームです。

小さな階段があり、そこをのぼるとすぐにホームです。ホームから振り向いてみると、屋根が意外と広く、まるで平屋建ての古民家みたいなかんじですね。階段にはお花が並べられています。
th_DSC06487

ホームからみると、線路は一本

この上臼杵駅は、「大分方面」と「佐伯方面」のホームがわかれていません。
ホームに上がると目の前に線路が一本あるだけですね。こちらが大分方面。
th_DSC06485こちらが佐伯方面です。
th_DSC06490

今回のまとめ。これからも残していきたい駅の一つ。

上臼杵駅、また熊崎駅の無人駅化は住んでいる人たちにとっては、とても残念なことです。
どちらの駅も使っている人が減少しているのでしょうがないことなのかも?と思いますが、この駅自体に文化的な価値もあるようにおもえます。臼杵市民としてはこういう施設は大切にしたいですね。
th_DSC06478

 

場所はここ!

臼津バイパスから直接、車では渡れません。

※臼杵にはこんな駅もあります「熊崎駅」

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

どこか懐かしい匂いのする臼杵の駅。上臼杵駅は無人駅になります。(大分県臼杵市)」への2件のフィードバック

  1. 中村妙子 より:

    私の実家の一番近い駅。
    私の原風景のひとつ。
    家に車のなかった子供時代、自転車で友達とお出かけしてた時代。
    全てはここからだった。
    ここから電車に乗るときいつもワクワクしてた。
    特急が止まらない駅なので今は全く行くことがない。
    ここに行きたいわけじゃない。
    行って何をするわけでもない。
    だけど絶対なくならない私の心の風景。

    1. えんどうさんち より:

      とても素敵な「記憶」です。
      「そのとき」の何気ない「日常」こそが、
      いつのまにか大事な記憶になってるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です