地震や津波が来たらどうする?親子でまなべる防災イベントに行ってきました。【大分県臼杵市】

えんどうさんちです。
親子で、防災フェスタ in 下ノ江「忘れない 3.11」に行ってきました。

スポンサーリンク

防災について考えてみよう

今日は、臼杵市の下ノ江ふれあいセンターでおこなわれた、防災フェスタ in 下ノ江「忘れない 3.11」に、親子3人で行ってきました。天気は曇り空でした。

幟がたっており、かわいい「ほっとさん」もしっかり登場。

実際に体験して学ぶことができました

早速入ってみたら、地域の子どもから大人まで、たくさん人があつまっていました。すごい。

地震体験車:ユレルンダーも来ており、地震を実際に体験してきました。

…これは子どもが拒否したため、父一人で体験

 

こちらは手作りのダンボールを使った簡易トイレ。災害のとき、

こちらは「ほっとさん」・・・ではなく、ちょっとかわいいぼうさいぼうし
これも手作りだそうです。

消防の服なども着させてもらいました。着せられてる感が…(^^;)。
こういうのも楽しんで学べる要素のひとつ

「煙体験ハウス」というものもあり、中に入ると…なにもみえない。

頭を低くして歩くとやっと見える感じです。


朝、NHKのテレビで放送されていたのですが、下ノ江地区は防災士の数は20人以上います。地域の皆さんで協力して、防災について真面目に考えている地域なんですね。

非常食の試食コーナーもありました

屋内の方では非常食の試食コーナーもありました。見た目「非常食」ってわからないですね。

水だけでもつくれちゃうとのこと

すごく美味しかったらしく。うちの3歳児はおかわりを・・・しました(ごめんなさい)。

隠れほっとさんもいました。

あちらこちらに「ほっとさん」がいたらしく…あ、ペーパークラフトだ!

スタンプラリーもあり、それぞれのブースをみたらスタンプを貰いました。景品にも「ほっとさん」がはり付いていました。

まとめ:防災について考えること

日常的に「防災」について考える機会は少ないとかんじます。こういうイベントがあると、親子楽しんで学ぶことができる思い参加してみました。機会があるとき、それが学ぶときだとおもうので、もしこういうイベントがあれば、家族や友達と参加してみましょう。

まちの防災イベントは、「いざというとき」を親子で考えることのできるチャンスです。

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です