初日から激しくぶつかり合う?2015年の臼杵祇園まつり(曳出)に行ってきました。

えんどうさんちです。
今日は、いよいよ始まった臼杵祇園まつりの曳出にいってきました。

スポンサーリンク

2015年の「臼杵祇園まつり」がはじまりました。

今年も臼杵祇園まつりが始まりました。
今年は新町、浜町です。
初日は「曳出(ひきだし)」そして「辻出合い(つじであい)」です。

「臼杵祇園まつり」のスケジュールなどはこちらを確認して下さいね。

臼杵祇園まつりとは

臼杵市では毎年7月になると「臼杵祇園祭」という夏のお祭りがおこなわれます。
市民は親しみを込めて「ぎょんさま(祇園さま)」とよんでいます。

詳しくはこちらを参照してください。
豊後臼杵 祇園祭
Wikipedia:臼杵祇園まつり

 

きれいな夕日と共に、祇園囃子が響き渡る

今回は「辻出会い」を見るために、保育園にこどもをお迎えにいってそのまま直行。
まちなかには祇園囃子が、どこからともなく聴こえてきました。

既にたくさんの人が集まっていました。
うちの子は、安定のかき氷で待機。

八町大路の入り口のところにいて待っていたら、ゆっくり山車やってが来ました。

これで準備が整ったっという感じですね。

新町の山車

浜町の山車

花火がなり・・・激しく走りこむ

そして花火がなると、いよいよといった感じでお囃子がなり、観客もまってました!と言った感じで高ぶってきます。

なかなか雰囲気は伝わらないですが、動画も少し撮ってみましたのでご覧ください。

山車をひいて辻のカーブを思いっきり走りこみます。

転がっていく人もいました。それだけ危険なのですが…やはりすごいです。

「新町」「浜町」の山車が向かい合わせに並び、お囃子を鳴らし合い激しくぶつかります。

この時は、観客もまわりに集まり、一斉にもりあがります。

7/12日(日)は御渡です。

今年は用事があって「還御」にはいけないのですが、「曳出」もこんなに激しいとは知りませんでした。
来てよかったです。子どももうちに帰ってやっぱり「コンコンチキリン」になっていました!

今度の日曜日のお昼からはお渡りになります。次は昼間に街を練り歩いていくので、またこの日とは全然ちがうとおもいますので、ぜひぜひ「臼杵祇園まつり」見に来てくださいね。

去年のお渡りの様子

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です