嫁と息子がいない間に…みかん畑に行って木に登って来ました。

えんどうさんちです。
年末で。嫁と子供は実家に帰ってしばらくいないので、…その間にやりたいことをやってしまうというシリーズその2です。今回は、親のオファーを受けてみかん(八朔)の収穫を手伝ってきました。
※その1はこちらから

スポンサーリンク

もともと「えんどうさんち」は農家です

えんどうさんちは、農家です。農家をしようとしてゴニョゴニョがあって失敗しちゃってΣ(・∀・;)、お肉屋さんとか色々経験しつつ現在になっちゃっているわけですが、わたしの両親は農家を続けています。このブログも元々2年ぐらいは農家ブログでした。

>>興味があれば過去の作業日誌をご覧ください
※2年間、毎日書いていました。

思うところはいろいろ、すっ飛ばしてしますが、人生七転八倒ですね。あらためて考えると、こういうのもおもしろい(*´艸`*)。

ということで、今回はお手伝いになります。

今回は「八朔」という柑橘の収穫のお手伝いです。この木はおおきく脚立や木に登っての収穫をすることになります。年末なのにこの日は暖かかったです。

八朔の木…相変わらず・・・でけーー。

ここの畑は、イノシシが荒らしている部分もあるので、道がお壊れていたりもしました。
端っこは・・・崖です。

「八朔」は普通のみかんよりはおおきいです。かごに入れていくのですが、すぐに一廃になってしまいます。運ぶのも大変。

結局、木にのぼることに

最近のみかんの木は、なるべく小さく収穫しやすいように・・・というのが基本のようですが、この八朔の木は、昔からある木で身長の倍以上あります。脚立に登って、収穫をしていたのですが、結局届かず木に登りました。久しぶりに登りました。

足が…ぷるぷるする…Σ(・∀・;)。…うんどうぶそく。

運動不足と感覚と。

やはり2年以上離れてデスクワークばかりしていると、筋力の低下を実感してしまいました。運動しないとヤバイなぁ。

それでも、「体をはって覚えたことはなかなか忘れない」といいますが、体重移動などで木に登って作業はできていました。木に登ると…枝の切り方とか意外と色々覚えていたことに自分でもびっくりです。

すこしは運動しよう、そうしよう。

この日は、1日でこの畑を終わらせるために、お弁当等もこの畑で食べて八朔の収穫をしました。外で食べるお弁当っておいしいですよね。

今回の記事は、自分で古傷をえぐっているというよりか、過去の失敗をネタにできるような気持ちになったんだなぁと、心のなかで一区切りしている自分にちょっと安堵しています。

それよりも・・・運動不足。あしがぷるぷる・・・こっちのほうが重要かも。

※その頃、嫁の実家での息子はと言うと

お父さんが来に登っているころ、嫁の実家では

…おもちを食べてる…(*´﹃`*)

※嫁と息子がいない間に…ズボラ父ちゃんがDIYで「棚&スタンディングディスク」を作りました。

嫁と息子がいない間に…その1はこちら。

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です