3Dでゆるキャラ「ほっとさん」を作ってみよう!その1。

更新日:

臼杵のゆるきゃら「ほっとさん」の実体化。

発端は、
去年、竹宵の時、ぬいぐるみをもって写真をとったのだけど…デカイ

ということで、「持ち運び便利なほっとさん」がほしいなぁとおもい、作ることにしました。今年は3Dのミニチュアで・・・ということで竹宵までには作りたい

th_DSC06704

3Dプリントと言う手があるじゃない。

最近話題の3Dプリントと言う技術。大分でもファブラボとかで実際に体験したことがあるのですが、今回はこれでやってみようと・・・ちょっとはじめてが多いのでドキドキです。とりあえず3Dモデリングが必要ということで。しかも簡単に・・・できるかな・・・。

th_DSC_0290

粘土細工のように3Dを作ろう!

3Dはあまりかけないのですが、「Sculptris」というMacのアプリを使って、粘土細工のように3Dをモデリングしてみました。実は色々苦労はあったのですが、Blenderなどのモデリングソフトを使うよりは、簡単に作ることができました。

ひたすら写真と見比べて!!こんな感じになりました。

「Sculptris」というMacのアプリについては、こちらの「NAVERまとめ」のチュートリアルなどの動画を見るとわかりやすいです。

※なんとか基盤モデルができました!次はまた次回

※3Dほっとさん制作日記


-

Copyright© 臼杵のえんどうさんち: 臼杵市のイベント・観光情報 , 2018 All Rights Reserved.