【動画話その4】空気感を残すなら、5秒の動画で十分です。

編集しないと、動画は使えないなんて思ってない?

単独動画のススメ
ひとつの動画が、世界を変えなくても

隣人は笑ってくれるかな?

ズボラな父ちゃんがホームビデオをはじめてみる

さてさて、早くも4回目

 

1〜3までは

 

落とし穴や、動画編集の必要性

 

撮影においてヒント

 

などを書いてきましたが、

 

流石にここまでかいて、

 

一回も、

 

「動画」自体を楽しむこと

 

について一回も触れていない…

 

(動画話なのに)

 

 

ということで、

 

今回は、動画撮影と楽しみ方について

 

ひとつ書こうと思います。

 

でも、動画の「編集」は

 

…もう、ちょっと先かな
(´・ω・`)

 

今回はコレでいきます↓↓

 

 

「一発撮り」動画のススメ、編集しなくてもいいじゃない。

 

さてさて、

 

それでは、奥さん…

 

あなたにひとつ質問です。

 

撮影した動画

 

撮影した後、どうしていますか?

 

 

カメラにもよりますが、

 

ビデオカメラやデジカメなら、

 

【1】SDカードなど付属の記憶媒体に保存したまま

 

スマホなら、そのまま

 

【2】スマホ本体のアルバムに保存

 

また

 

【3】Facebook・インスタなどのSNSなどに掲載

 

だったり

 

ちょっとマメな人なら

 

【4】パソコンやHDDに保存・DVDやブルーレイに焼いて残したり

 

しますよね。

 

これ以外もあるかもしれませんが、

 

大きな例外はないかなと思います。

 

で、

 

これらの方法で貯め込んだものをどうするか?

 

という解決方法のひとつが、

 

「動画編集」をして、思い出に残るように頑張る

 

だったりするのですが、

 

前回もいったとおり、

 

動画を見る」と「動画を編集する

 

は別のこととして

 

考えます。

 

そして、

 

動画を撮影する

 

ということも、もちろん分けて考えますね。

 

 

 

まずは、この

 

撮影する

 

にスポットライトを当てます。

 

今回は…今回も

 

…「動画編集」には触れません。

 

(*´艸`*)

 

うふふ。

 

※ただ、

 

今後、動画編集の話する際の

 

基盤となる話

 

かもしれませんね。

 

後悔はさせませんよ!奥さん。

(*´艸`*)

 

短くってもいいじゃない。5秒で決める動画講座。

 

↑タイトルで全て語ってますね。

(^_^;)

 

5秒で決める動画講座
ひとつずつ説明をしたいと思います。

 

といっても、やり方は簡単。

 

1.カメラ(スマホ)を用意して

 

2.カメラを起動して

 

3.被写体に合わせて動画を撮影

 

4.「3秒〜5秒」ぐらいで撮影をやめます。

 

これが、5秒動画。

 

そう今回はこれだけ。

※最初なれないうちは「15秒」ぐらいでもいいかも。

 

自分で

「5秒にする!」

 

私は

「8秒でやる」

 

と決めてしまうのが良いです。

 

でも。。。+-3秒ぐらいは

ま、いいか

という気持ちも大切です。

(^_^;)

 

でも短いんじゃない?例で見てみよう!

 

5秒っていうと、

 

かなり短いように感じますね。

 

なら

 

例で見てみましょう。

5秒動画

 

あくび動画

A post shared by あるぱからぼ (@playen3) on

たしかに短いけど、

 

これだけで、写真とは違った様子を短く切り取ることができます。

 

そう動画は、

 

その時の時間を状態を切り取る

 

だけじゃなく、

 

その時の「空気感」を切り取る

 

が、できるツールです。

 

ちなみに比較対象として、

 

11秒の動画も用意してみました。

11秒動画

 

臼杵のほっとさん。 #臼杵 #臼杵市 #ゆるキャラ #ほっとさん #臼杵石仏 #石仏 #ゆるきゃら

A post shared by 臼杵のえんどうさんち (@shojiend) on

こちらは、5秒に比べると

 

もちろん長く感じちゃいますね。

 

でも

 

動画初心者の方は、

 

 

15秒くらいに決めて

 

余裕を持って撮影してみると動画が

 

楽しくなるかもしれません。

 

そう、

 

慌てなくていいんです。

 

何事も余裕は大事

 

です!

(^^)

 

※でも、ここでは「5秒動画」という単語を使わせて下さい。

次回は詳しく。まずは5秒動画を撮ってみましょう。

さて、今回は5秒動画について少し触れてみました。

もうちょっと詳しく書こうかなとおもうので、今回は触りだけですね。

(o_ _)o

 

で、この5秒動画

 

前述で述べた、

 

【1】〜【4】が少しだけ解決します

 

それは

 

【1】SDカードなど付属の記憶媒体に保存したまま

→日付ごとに並び替えができるし、一つの動画が短いので、削除や移動しやすい。

【2】スマホ本体のアルバムに保存

→動画が短いので、サムネイル画像から見つけやすい。
※長い動画は見つけにくい

【3】Facebook・インスタなどのSNSなどに掲載

→5秒なので、パケ代を気にせず気軽にアップできる。

【4】パソコンやHDDに保存・DVDやブルーレイに焼いて残す

→フォルダごとに分けたり、DVD毎に区切りやすい。

また、

ファイルの動画の「再生時間」が短いので

 

動画編集

(切ったり、削除したり、くっつけたり)

 

がしやすい・簡単

 

 

 

となります。

 

もちろんデメリットもありますが、

それは後日。

 

いいたいことは、

 

5秒動画は、

 

管理やSNSへアップがしやすい

 

 

動画編集であつかいやすい

 

ということです。

 

まずは、

 

5秒動画をためしてみてね!!

 

次回も5秒動画続きます。

 

これは今年のホタル動画です。

雰囲気に合わせてゆったり見せたいので

それぞれ、8秒〜10秒ぐらいにくぎってくっつけてます。

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です