福良天満宮夏季大祭に行ってみたら、柴引で子どもたちが全力で戦っていた。

えんどうさんちです。

 

2016年7月22日〜24日の3日間にわたっておこなわれる

 

福良天満宮夏季大祭

 

の初日の午後に、歩いて「福良天満宮」にいってきました。

 

時間の合間にいくだけだったので、

 

「御神楽が見れたらいいなぁ〜」

 

ぐらいな感じで、カメラを持って

 

いざ(・∀・)丿。

DSC08546

福良天満宮…いったら、やっぱり「柴引」をしていた。

場所は福良天満宮

 

赤猫神社

 

 

赤猫まつり

 

 

でも最近有名になってきていますね。

DSC08454

まずは動画は、こちらから。

 

福良天満宮夏季大祭は

 

祭神【菅原道真公】の誕生を祝う例大祭。期間中は神事・伝統の柴引が執り行われるほかには、最終日に赤獅子連獅子舞、八雲祓い(大蛇退治)などの伝統芸能も行なわれます。

 

ということで、毎年開催されています。

伝統芸能好きにはたまらないかもしれないですね。

 

 

私は、この楽しみ方は老後までとっておいてます
(*´ω`*)。

 

 

福良天満宮に行くとお祭りらしく色々飾り付けがされていました。

 

 

あ、この馬さんどっかで見たことがある。

DSC08452

それと、下の写真

 

こちらは、福良天満宮につい最近お目見えした

 

愛宕神社(左)、 瑜伽神社(右)

DSC08458

と、ひととおり参拝をして、御神楽を見るまで待機。

 

「なにが見れるのかな?」

 

と、少し待っていると、児童館の子供らしき団体さんがぞろぞろと。

 

聞き耳をたててみる。

 

「抱っこされんよなぁ」

 

「帰る、怖いけん」

 

「**君が勝手にかえりよんよー」

 

という子ども+会話から・・・ある程度、何の神楽か

 

わかりました。

 

 

はい、登場!

DSC08482

でーでん!!

 

「柴引」です。

 

 

えんどうさんち、柴引に合う確率が高いな・・・。
※初日は柴引多めみたいでした。

 

にしても・・・

 

この顔

DSC08494

こわ。

 

ちなみに「柴引」とは

 

太玉命が香久山より榊(柴)をひき帰り岩戸の前に飾り給う舞

 

なんだそうですが、「神楽」については、色々なストーリーがあり興味深いのですが、私は大体、御神楽をみるときはこの

 

柴引

 

そして、私は御神楽について

 

全く詳しくない。

 

(ノ∀`)アチャー

 

 

ただ、この柴引、見ていて楽しいんです。

 

 

…子どもとの戦いぶりが。

DSC08503

DSC08500

子どもも、かなり真剣です。
抱っこされるとご利益があるので、赤ちゃんとかは抱っこしてもらうとよい。

 

とかも言われていますが、子どもはそんなことはどうでもよく

 

怖い…(*´ω`*)

DSC08518

今回は、小さい子供が多かったので、そこまで激しい戦いではありませんでしたが、それでもがんばっていました。

DSC08526

こんな鬼さん見つめられたら、夜寝れるかな?

DSC08492

ということで期間中、このような「柴引」を含む、いろんな御神楽や舞、また最終日は太鼓演奏などもおこなわれます。

 

夜もやっており、かき氷やビールなども販売していたみたいなので。是非家族で行ってみてはいかがでしょうか?

 

詳しくは福良天満宮のホームページをご覧ください。

DSC08449

※福良天満宮夏季大祭

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です