【2018年】臼杵の城下町ゆっくり見ながら。「うすき雛めぐり」の歩き方

更新日:

えんどうさんちです。

今年も「うすき雛めぐり」がはじまりました。

今年は…お、スタンプラリーの広告に力がはいってる?

スポンサーリンク

臼杵市の2〜3月は「うすき雛めぐり」

今年も

2018年2月9日から、今年も「うすき雛めぐり」がはじまりました。

臼杵市のひな人形は、

 

「紙」

 

をつかった、「紙雛」が特徴です。

 

偉い人
これは、稲葉観通の時代「天保の改革」の頃、 質素倹約のため「紙製のお雛様」しか許されてなかった とか。
えんどう
そんなお話もとに、シンプルで気品ある臼杵らしいお雛様が2006年に誕生しました。

 

「うすき雛めぐり」をどう歩く??

 

「ただ、お雛様を見て歩く…」

 

…というのは、ちょっともったいないかも。

 

この

「うすき雛めぐり」

臼杵市観光交流プラザ
サーラ・デ・うすき
旧真光寺
サーラ・デ・うすき

がメイン開場になっていますが、

 

これは、歩きながら

 

「臼杵の城下町」の景色も楽しめる

 

偉い人
だから、コースはまずはチェックしたほうが良いかも。
えんどう
こっちのマップには美味しい食べ物ものってるよ!

うすき雛めぐりのマップはこちらのページをご覧ください。

 

個人的には

臼杵市観光交流プラザ→旧真光寺→久家の大蔵→サーラ・デ・うすき

 

関連施設も周るのなら

 

臼杵市観光交流プラザ→(二王座歴史の道)→旧真光寺→久家の大蔵→野上弥生子文学記念館→サーラ・デ・うすき→稲葉家下屋敷

 

「プラザ」→「サーラ・デ・うすき」とかでも良いですね。

でも

二王座歴史の道」は

やっぱり外せないかなと。

 

臼杵市観光交流プラザ

観光案内もしてくれますので、はじめての方はまずこちらに行くことをおすすめします。マップや歩き方のアドバイスをもらいましょう。

臼杵市観光交流プラザ

 

サーラ・デ・うすき

商店街の中にある洋風な建物。

こちらも案内をしてくれます。

 

旧真光寺(二王座)

無人ですが、休憩所にもなっていて2階にも上がることができます。

 

久家の大蔵

 

歩いてみませんか?「うすき雛めぐり」

この紙雛は、

3月11日(日)まで、臼杵市の観光施設にて飾られています。

期間中、スタンプラリーや、うすき雛づくり体験などのイベントも開催されます。

 

詳しくは、こちらのページから御覧ください。

 

 

 

-

Copyright© 臼杵のえんどうさんち: 臼杵市のイベント・観光情報 , 2018 All Rights Reserved.