大分県臼杵市では、もうすぐ「うすき竹宵」の季節です(2013)

こんにちは、えんどうさんちです。
私たちが住んでいる臼杵市では「うすき竹宵(たけよひ)」というイベントがもうすぐあります。

スポンサーリンク

2013年のうすき竹宵の様子はこちらのリンク先の記事に書いたのでご覧ください。

11月の2日(土)と3日(日)はうすき竹宵へどうぞ

2013年11月2日(土)、2013年11月3日(日)の2日間、臼杵(うすき)の町中が、たくさんの竹ぼんぼりで埋め尽くされます。それに合わせてイベント等も行われるみたいなので、是非来てみてはどうでしょうか?

詳しくは、うすき竹宵のオフィシャルホームページを見てくださいね。

今週の土・日ですね。パンフレットも手に入れました。 th_DSC02064

 

ところで「うすき竹宵」ってなに?

竹ぼんぼりのイベントは地方各地でありますが、他にはない臼杵市の特徴をちょっとだけご紹介しておきます。

うすき竹宵は真名長者伝説(般若姫伝説)を、竹ぼんぼりを使った町並みのライトアップのイベントと結びつけて、近年始められた新しい催しである(wikipedia参照)。

といった感じで、うすき竹宵は「般若姫伝説」というものになぞられたイベントです。
th_DSC08996
なので毎年、般若姫・玉絵姫などを臼杵市民から一般公募しています。

般若姫行列などもあって、般若姫になられた方は竹ぼんぼりの灯りがてらされた城下町」をゆっくり移動していきます

交通渋滞には注意しましょう

去年は初日に行ってきたのですが、結構早めに移動して親戚のうちに車を駐車しました。
それでも帰りの車の渋滞は・・・けっこうすごいです

城下町なのでしょうがないですが、町中が狭いので道路が限られています
あらかじめ駐車場を確認してシャトルバスや公共機関を有効利用しましょう。

th_DSC02066

 

天気予報も見ておきましょう。

今のところ、2日(土)は大丈夫っぽいですが、3日(日)がちょっと崩れるかもしれませんね。

Yahoo!天気・災害:臼杵市の天気

多分、例年のことちょっとぐらいの雨じゃ中止にはならない?と思いますが、最近寒いので防寒は必須ですね。

 

観光客・ひとがたくさんいます。

普段はのどかなところなのですが、竹宵は人が多くて、とくに商店街のところは気をつけて歩かない人とぶつかったり・・・。

ベビーカーとかは、ちょっと持っていけない。

 

夜遅くなったりすると・・・。

夜遅くなってくると、だんだん子供が疲れてきます。
マップを確認しつつ、トイレや食事はあるところですませましょう。

マップは「うすき竹宵」のホームページにあります。
th_DSC09057

※去年は般若姫行列のときに寝てしまいました・・・。

個人的な問題点(手持ちカメラ編)。

三脚がないとなかなか「きれいな写真」は取れないかもしれませんね。
最近のコンデジはISO感度が高いから良いかもしれませんが、やっぱりノイズとの戦いでは…。

あと、よくフラッシュが周りで光っていますが・・・竹宵のよさは写らないですよね。
th_DSC09014
私は、一歳児の子供と一緒に行くと思うので、3脚でじっくり撮ることができませんが、

とりあえずデジイチ35mmF1.8の明るい単焦点レンズのみ装着して、ISO感度高めのシャッタスピードを固定(1/13〜1/30ぐらい?)で撮影しようかなと検討中。

絶対に手ぶれする自信があるので(笑)、数勝負でいこうかな。

今年はどんな竹宵になるのか楽しみです

去年は「くまもん」や「なめこ」の竹ぼんぼりがあったりしておもしろかったですが、さて今年はどういうふうになるんでしょうね?楽しみです。

th_DSC09012

市外、県外の方が、臼杵市に来られることがないとは滅多にない思いますが、

是非、臼杵市に「うすき竹宵」を見にきてはどうでしょうか?

詳しくは「うすき竹宵」のオフィシャルホームページを見てください。

 

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です