臼杵石仏に行ってみた。2016年「古園石仏」補修工事後キレイになった。

えんどうさんちです。
臼杵市といえば、臼杵石仏。国宝です。

今回は2015年年末〜2016年3月末までおこなわれていた修復工事が終了し、お目見えになった「古園石仏群」の様子についてピックアップしています。

スポンサーリンク

2016年初旬、古園石仏群はしばらく見ることができなかった。

まず、

 

「臼杵石仏といえば…?」

 

と行ってすぐに思い出すのはやっぱり、臼杵市のおみやげの定番「臼杵せんべい」にもよく描かれているこちらの石仏さまではないでしょうか?

こちらの「古園石仏群」の中心にいる「大日如来像」

 

臼杵石仏=大日如来像

 

臼杵市民ですら、そう思っている人はかなり多いと思います。

 

地元の観光地ほど、地元民が足を運ばない…と言うのはある意味定説です(´・ω・`)。
※臼杵市民は無料なので足を運んでみましょうね。

 

で、大日如来を含むこちらの「古園石仏群」、2015年年末〜2016年3月末まで修復工事がおこなわれていました

 

工事が終わったので、様子をカメラに収めてきています。どう変わったのか見てみましょう。

 

動画はこちらから

今回は動画を作成しています。こちらほうがわかりやすい?

 

新しくなった?古園石仏群

まず、新しくなった?と言われてもよくわからないと思うので、修復前の写真(記事)を一度ご覧ください。

 

で、修復後の写真を見ると…建物がキレイに新しくなっています。
やはり色々と老朽化も進んでいたんですね。りっぱになって、まぁΣ(・∀・;)

DSC06938

遠くから見ると、建物がキレイになっているのがよくわかります。

DSC06946

実際に、中にはいってみるとスッキリしていますね。

修復前に訪れた時は、工事の準備などで、けっこうゴチャゴチャしていたので、本来の古園石仏群がお目見えしたという感じでしょうか?

DSC06908

DSC06898

大日如来の目線の向こう側、深田地域の景色も一望できます。

のどかな風景が広がっていますね。季節によって、芝桜や、蓮の花、コスモスなど石仏公園の様子もこちらから見ることができます。

DSC06927

DSC06923

以前は、この建物の地盤の一部が崩落していたこともあり、立ち入りが禁止されていた部分もあったのですが全部修理されています。なので

全角度から写真が撮影できる…とアタリマエのことですが、今までできなかったんですよ。

これは嬉しいかも〜(*´∀`*)。

DSC06929

そうだ!臼杵石仏へ行ってみよう!

今回は、修理後の古園石仏群のみをピックアップしてみました。

えんどうさんちは、臼杵石仏について、観光客はもちろん、市民の方にも日常的に来てほしいところだとおもっています。

もちろん市民の方が無料というのもあるのですが、参道も階段はあるけど比較的に広く整備されており、自然の中をゆっくり歩くことができます。

 

石仏ももちろんですが、ここの参道はゆっくり歩くと、日頃の疲れを癒やしてくれます。

 

それから少し歩いて、石仏を見てまわった後は、お子さん連れなら石仏公園で走りまわるのもいいですね。近くに自動車が通る道が限られているので安心して遊ばせることもできます。

ちょっとしたおさんぽコースには、やっぱりこの場所は素敵な場所だと思います。

ぜひ、臼杵石仏へ行ってみてくださいね。
国宝臼杵石仏の公式ホームページ(外部リンク)

DSC06919

関連記事











臼杵石仏火まつり

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です