360度の星空が撮影できるか??「THETA S」で夜景を撮影をしてみた。

投稿日:

えんどうさんちでも、かなり活躍中の360度撮影できる「THETA S」ですが、まだまだ試行錯誤の連続です。

夜空の撮影テストをしてみる

暗いところで撮影する場合、このサイズのデジカメだとISO感度にはあまり頼れないので、シャッターの開放時間をテストしてみます。360度の夜空が撮れるかな? IMG_0228

シャッタスピード60秒/ISO100

このデジカメはシャッタースピードは最大60秒までしか開放できないのでこれが限界値です。
でも、加工無しでこれくらい撮れるなら良いかも?

  • ISO感度100
  • シャッタースピード60秒
  • 加工無し
星空テスト(ISO100/シャッタースピード60s/加工無し) #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 ※THETAロゴをクリックすると1ページで表示されます

シャッタースピード15秒/ISO100

あ、30秒を試さなかった…のですが15秒。360度だと街灯の影響は避けられませんね。

  • ISO感度100
  • シャッタースピード15秒
  • 加工無し
星空テスト(ISO100/シャッタースピード15s/加工無し) #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

※THETAロゴをクリックすると1ページで表示されます

シャッタースピード2秒/ISO100

想像はしていましたが、やっぱり真っ暗です。

  • ISO感度100
  • シャッタースピード2秒
  • 加工無し
星空テスト(ISO100/シャッタースピード2s/加工無し) #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

※THETAロゴをクリックすると1ページで表示されます

暗いところの撮影も落ち着いて撮影すれば良さそう。

今回は星空のテストでした。うすき竹宵などの風景の場合は、設定は変える必要がありますがなかなかキレイに取れているので、こちらも面白い写真が撮影できそうだなぁ思います。

※関連

Related Posts (YARPP)

-

Copyright© 臼杵のえんどうさんち: 臼杵市のイベント・観光情報 , 2018 All Rights Reserved.