雨の場合は?楽しみ方は?「うすき竹宵」を勝手にPRしてみました(ver2015)。

えんどうさんちです。今年も「うすき竹宵」の季節
毎年の事ながら、えんどうさんちがお勧めする「うすき竹宵」のポイントを書いてみますね。

スポンサーリンク

11月、今年も「うすき竹宵」の季節が来ました。

今年も臼杵のまちなかを「竹ぼんぼり」が彩る、「うすき竹宵」の季節がやってきました。毎年、どのようなオブジェが登場するのかとても楽しみですね。

th_DSC06725

今年のうすき竹宵の開催日

平成27年11月7日(土)と11月8日(日)の2日間です。臼杵のまちなか一体が「うすき竹宵」の開催場所となります

うすき竹宵の詳細はこちらをご覧ください。オブジェだけではなく、般若姫行列や様々なイベントが開催されます。

雨の日の場合は?お天気も心配なので調べました。

開催日11/7(土)、11/8(日)の天気は、雨が振りそうな…感じです…晴れて欲しいですね。
※気になる「うすき竹宵」の日の天気。Yahoo天気予報:臼杵市をチェック

th_DSC06554

※あれ?雨天の場合はどうなる?

例年通りであれば、「うすき竹宵」は雨が降っても基本的に開催するそうです。雨が降って火が消えても、灯し続けます(般若姫行列のルートの変更などはあるかもしれません)。

雨が降ったとき、規模の縮小はあるそうですが、基本雨天決行だそうです。現時点で雨天の場合の情報は公式のホームページには出ていないので随時チェックしておきましょう。参照:うすき竹宵ホームページ

th_DSC06679

「えんどうさんち」が語る6つのポイント!!

今回は臼杵市民「えんどうさんち」が勝手にポイントを紹介してみます!!
毎年、子供と行くようになったので、それもふまえた上で!

※見所はそれぞれありますので、公式見解はどうぞ、公式ホームページをご覧くださいませ。

th_DSC06574

【ポイント1】ふしぎ空間!?城下町「臼杵」を彩る「竹ぼんぼり」

臼杵は城下町で建物や石畳などの風景にとても風情があります。その町の所々に「竹ぼんぼり」があり、日頃味わえない、夢うつつな空間を味わえます。
八町大路や二王座歴の道など「城下町」をお子さんとゆっくり歩いてみませんか?  ゆっくり流れる臼杵時間を、城下町の「竹ぼんぼり」の温かい灯火とともに体感してみませんか?

th_DSC02162

【ポイント2】飽きさせない!「唯一無二の一風変わった竹ぼんぼり」の魅力

城下町を彩る竹ぼんぼりには、時として変わった形のものがあります。
お寺や臼杵城跡のポイントに、それぞれ特徴のある一風変わった竹ぼんぼりが、あなたの目を飽きさせません。果たして今年は・・・。

th_DSC02352

過去にはこんな竹ぼんぼりも…th_DSC06836

その他、「臼杵ミワリークラブ」 の化宵なども、とても興味深く面白い竹ぼんぼりになっています。

th_DSC06636

【ポイント3】臼杵の伝説に触れる「般若姫行列」

毎年、「真名長者物語」をもととした行列がおこなわれます。
登場人物である「般若姫」などは、市民から公募し決定された方です。

th_DSC06812
般若姫や真名長者については、公式ホームページを参照してください。

 

昼も夜も臼杵を堪能、「うすきあるき」を楽しまんな。

「うすき竹宵」で来られた方は、ゆっくり歩いて移動します。
竹ぼんぼりやオブジェもすごいですが、その日「臼杵のまちなか」もにぎわっています
これはあくまでも私的なオススメポイントですが、ご参考までにどうぞ!

【ポイント6】昼夜、臼杵のまちなかではイベントがあります。

「うすき竹宵」にあわせて、臼杵のまちなかの所々でライブ等の催し物があります。
気軽にぶらっと立ちよって、一緒に楽しみましょう。

詳しくはこちらをチェックしてください。

また昼間も臼杵のまちなかでは魅力的なイベントが開催されています。

1日臼杵のまちなかを歩いてみませんか?

その他、臼杵石仏横のヤマコ臼杵美術博物館では、開館25周年企画「うすき竹宵の物語~墨彩・小米良 洋子 作品展』が開催されています。

【ポイント5】夕暮れから夜にかけての「城下町の風景」

真っ暗になってくるよりは、夕暮れ時から少し歩いた方がリラックス空間が楽しめるかもしれません。
th_DSC02146

【ポイント6】臼杵の商店街「八町大路」においしいものあり!

屋台等も出てきますが、商店街のお店ももちろん参加しています。
ちょっと早く来て、臼杵の名物など食べ歩きなどしてみませんか?
th_DSC02234

その他、小さいお子さんを連れて来る時は?

親子で楽しむためのポイントをまとめてみました。

うすき竹宵の詳細はこちらから

イベントの詳細や、シャトルバスについてはこちらの記事ご覧ください。
一年に1回のうすき竹宵、ぜひゆっくり楽しんでみましょう。

 

スポンサーリンク






この記事が気に入ったら、
「えんどうさんち」にいいね!しよう

Twitter で
※Facebookで更新チェック!

臼杵のえんどうさんち

えんどうさんちについて

毎日チェック(*^^*)

イベント情報

うすきさんぽ

注目のお店

えんどうさんちの生活ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です