二王座歴史の道

武家屋敷、神社仏閣や古い建物が立ち並び、その中に石畳が広がる風情ある場所です。

 

二王座歴史の道とは?

「二王座歴史の道」は臼杵市を代表する、風情ある観光スポットの一つです。
阿蘇山の火山灰が固まってできた凝灰岩の丘があり、そこの岩を削り、作った細道が二王座歴史の道です。

狭い箇所もありますが、道の端には大きなお寺・武家屋敷跡(現在はカフェ)等を見ることができ、
地面には「石畳」がきれいに敷き詰められています。

DSC02228

この「二王座歴史の道」を歩くと、城下町の面影を感じることができ、歩いていて江戸時代にタイムスリップしたかのような、どこか懐かしく新鮮な気持ちにさせてくれます。

また、雨の日には石畳がしっとりと湿気を帯びて、ふだんとは違う景色と空間を彩ってくれます。

下の写真の「旧真光寺(写真左側)」の前の道は、「切り通し」と呼ばれる、臼杵を代表する景観のひとつです。
DSC09821

 

旧真光寺は無料の休憩所になっています(無人)
二王座歴史の道を歩く際には、こちらに立ち寄り1階奥、また2階から景色を眺めてみると一望できます(下記写真は1階)。

※旧真光寺についてはこちらからご覧ください。

 

「二王座歴史の道」臼杵に旅行に来た際は、ぜひ歩いてみることをおすすめします。

「着物」や「和装」などで歩くと、一段と風情ある素敵な写真を撮ることができると思いますよ。
※この場所で結婚式の前撮り等をされる方もいるようです。

スポンサーリンク

イベント情報

2月〜3月頃:うすき雛めぐり

11月:うすき竹宵

関連記事

二王座歴史の道の風景やイベントの様子など。

 

スポンサーリンク

場所はココ!

 

駐車場について

旧真光寺:二王座歴史の休憩所

ほっとさんと歩く、二王座歴史の道

 

臼杵市の観光情報

 

更新日:

Copyright© 臼杵のえんどうさんち: 臼杵市のイベント・観光情報 , 2018 All Rights Reserved.