まとめ・特集の記事

大分県臼杵市の観光スポット10選!!うすきのド定番!

 

大分県臼杵市(おおいたけんうすきし)の、定番の観光地をまとめました。
とても定番すぎて、臼杵市民のかたもなかなか行かない?

でも、実は臼杵市民がお得な場合もあるのです!

そんな観光地を、
臼杵市に住んでいる
「臼杵のえんどうさんち」が、
まとめてみました。

 

【臼杵市の観光】国宝臼杵石仏

臼杵市の「顔」といえば、長年ソウルフード「臼杵せんべい」のパッケージにもなっており、また国宝でもある「臼杵石仏」です。

磨崖仏である臼杵石仏は、
ホキ石仏第1群、ホキ石仏第2群、山王山石仏、そして有名な「大日如来像」を含む古園石仏と4群に分かれており、国宝となった石仏(磨崖仏)の数は合計で61体です。

ここの参道歩き、磨崖仏を実際に見た人は、その大きさや凛とした石仏の姿に感動をする人も多いです。
臼杵市民の方は身分証があれば無料で入場できます。

国宝 臼杵石仏のあるきかた。

【臼杵市の観光】二王座歴史の道

臼杵城下、臼杵のまちなかにある「二王座歴史の道」は、

武家屋敷、神社仏閣など古い建物が立ち並び、その中に「石畳」が広がっており、「城下町」の面影を感じさせてくれる風情ある場所です。

この場所で、写真撮影をするとかなり絵になる場所ですね。

雨が降ると「石畳」がしっとりと湿気を帯びて、とても情緒ある風景となります。

二王座歴史の道

阿蘇山の火山灰が固まってできた凝灰岩の丘があり、そこの岩を削った「切り通し」と呼ばれる細道は、臼杵を代表する景観のひとつです。

【臼杵市の観光】臼杵城跡(臼杵公園)

臼杵城は、戦国時代、大友宗麟により臼杵城の前身となる「丹生島城」が築かれ、大友氏の拠点となったお城です。

江戸時代には臼杵藩の藩庁が置かれたこの場所は、今は城跡として整備されて公園となっていますが、石垣や空堀が残っていたり、「フランキ砲」の「国崩し」のレプリカや石碑などがあったり、稲荷神社のたくさん鳥居があったりと、楽しむことができます。

春には「臼杵城址桜まつり(桜約800本)」も開催されます。

臼杵城跡(臼杵公園)

【臼杵市の観光】八町大路・城下町のまちなみ・お寺等

臼杵城下に「八町大路」は、中央通り商店街です。

城下町の風情を楽しむこともでき、お土産などを探すこともできます。

また臼杵市は神社仏閣が多く、観光案内所などでマップをもらい、「御朱印めぐり」をしてみるのもおすすめです。

八町大路

【臼杵市の観光】旧臼杵藩主 稲葉家下屋敷

廃藩置県後に東京に居を移した旧藩主の里帰りのための住宅として、明治35年につくられた武家屋敷です。

臼杵市民の方は身分証があれば無料で入場できます。

屋敷内には別途カフェもあります。

旧臼杵藩主 稲葉家下屋敷

稲葉家下屋敷内にある「cafe 凡と凛」についてはこちらから

【臼杵市の観光】風連鍾乳洞

風連鍾乳洞は臼杵市野津町にある、天然記念物に指定された閉鎖型の鍾乳洞です。

この鍾乳洞は、奥に行けば行くほどスケールが大きくなり、涼しさと感動を味わうことができる場所です。

とても涼しい場所なので、暑い夏などに行ってみると良いです。

風連鍾乳洞に行ってみた!暑い夏はここで涼んでみる?(大分県臼杵市)。

【臼杵市の観光】大分県漁協臼杵魚市場(うすき海鮮朝市)

この場所は、毎週土曜日朝に開催される定番イベント「うすき海鮮朝市」の開催場所ですね。このイベントは市外の方にもおすすめです。

市場でとれたて新鮮な魚を購入したり、
「海鮮食堂うすき」では、新鮮なお魚を1コイン500円で食べることができます。

【毎週土曜日】うすき海鮮朝市

【臼杵市の観光】黒島(臼杵市)

黒島(臼杵市)は、臼杵湾内にある島です。

昔から海水浴などで利用されており、島に行くときは船にのって渡ります。

また歴史的にも、
ウィリアム・アダムス(三浦按針)やヤン・ヨーステンが乗船したリーフデ号が慶長5年3月16日(1600年4月19日)に漂着した場所だともいわれており、三浦按針上陸記念碑、資料館がある三浦按針記念公園、ヤン・ヨーステン像のあるリーフデ号到着記念公園が整備されています。

最近では町おこしが盛んで、様々なイベントが開催する場所でもあります。
似たような名前が多い「黒島」。夏場は臼杵市佐志生から渡ることができます。

臼杵の「黒島」どうやっていくの?駐車場は?海水浴するにはお船で渡ります。

【臼杵市の観光】福良天満宮

臼杵市にある「福良天満宮」は、学問・文化・人生・厄除の神・天神様(菅原道真)が奉られています。

また、この神社は、一風変わった「赤猫(あかねこ)」が祀られていることでも有名です。

実際に神社境内には、かわいい「赤猫」のオブジェを、所々で見ることができます

「夏季大祭」・「年越し」など神楽・お祭り、ゴールデンウィークには「赤猫まつり」が開催され老若男女問わず賑わいを見せます。

福良天満宮

【臼杵市の観光】風情ある駅舎

現在、無人駅となっている物が多い臼杵市にある駅は、古いものが多く建物自体も風情を帯びています

例えば「上臼杵駅」は、どこか懐かしい、絵に描いたような「田舎の駅」でもあります。そんな雰囲気を楽しんでみるのも良いのではないでしょうか?

上臼杵駅は無人駅。どこか懐かしい匂いのする駅。(大分県臼杵市)

 

【観光】まとめ:臼杵市に来たらまずはココ!

10個にまとめるのは難しく、臼杵市民の皆様にいろいろ言われそうですが、

はじめて臼杵市に来たらまずはココをみておけ!

という場所をまとめさせていただきました。

まずはココにいけ!というのは多分

・・・観光案内所が一番かもしれませんね。

これらに行くと、観光地の案内をしてもらうことができます。
ぜひぜひ、臼杵市に遊びに来てみてくださいね。

観光施設ごとに距離がある場合もあるので、お得なタクシープランもおすすめです。

あと、なお、

きなこ
臼杵市は、だけじゃないんで!

とだけ行っておきますね

ポットの記事大分県臼杵市のニュース

臼杵市の観光施設・共通券および入館料金のご案内【消費税増税に伴う改定版】

大分県臼杵市の観光施設には、歴史的にも価値のある場所が多く訪れる人の目を楽しませてくれます。
でも、いくらくらいお金がいるのかな?臼杵市の観光施設・入館料金のご紹介をします。

臼杵市の観光施設・共通券および入館料金のご案内【消費税増税に伴う改定版】

城下町うすきを味わうスポット!

大分県臼杵市は「城下町うすき」と言われており、今でもたくさんの神社仏閣や武家屋敷などの建物を目にすることができます。

城下町 うすきのあるきかた

臼杵の城下町のおすすめスポットについてはリンクよりご覧ください

「石仏の里うすき」のあるきかた

大分県臼杵市には、多くの石仏(磨崖仏)が現存しています。
そのため、「臼杵市」は「石仏の里 うすき」という名前で呼ばれることもあります。
深田地区にある古園石仏群などを含む「臼杵石仏」は有名ですが、実は他にも石仏(磨崖仏)があります。
この記事では「石仏の里」に特化して臼杵市を紹介しています。

「石仏の里うすき」のあるきかた

臼杵市内の観光はおトクなタクシープラン

臼杵市内のタクシー会社さんが、通常よりもお得な料金で、快適な臼杵観光をご提供します。

【2019年度】臼杵市内の観光はおトクなタクシープラン

【定番も】臼杵市民が無料で行ける観光施設

観光施設、「臼杵市民・地元民は行かない」というのはもったいない!
臼杵市には市民だけが無料で楽しめる施設があります。

ホントは有料?臼杵市民が無料で行ける観光施設はココです!

 

-まとめ・特集の記事
-

Copyright© 臼杵のえんどうさんち: 臼杵市の観光・ニュース , 2019 All Rights Reserved.