今日のえんどうさんち

【防犯対策】臼杵市で犯罪に巻き込まれないために(大分県)。

大分県臼杵市は、海と山に囲まれた小さな街です。

大きな犯罪などはあまりおきませんが、まったくないというわけではありません。

学校の登下校をねらった犯罪。

また、

老人宅をねらった、オレオレ詐欺

など、日常的なものは多数あります。

そういった場合に、私たちになにができるのか?どうやって身を守っていくのか?

を検討してみます。

スポンサーリンク

【臼杵市】日常の防犯情報を得るために

大分県臼杵市の防犯情報を知るためには、大分県警察 メール配信システム「まもめーる」を利用するとよいです。
メール登録が面倒な方はSNSなどにも情報があります。

また臼杵市の警察署は「臼杵津久見警察署」になります。

臼杵津久見警察署
〒875-0041臼杵市大字臼杵72-61
電話番号 (0972)62-2131
ホームページ

地区ごとに駐在所があります。連絡先はホームページをご覧ください

「臼杵津久見警察署」の管内情勢についても参考にしましょう。

平成30年中の管内情勢について

また、お子さんが学校に通っている場合は、学校によっては防犯情報をメール配信しています。

臼杵に住んでたら、防犯「まもめーる」は登録をしておきましょう

大分県警察 メール配信システム「まもめーる」は、臼杵市だけではなく、大分県全体の防犯情報がメールで送られてきます。

大分県警察 メール配信システム「まもめーる」

例として

・不審者情報
・詐欺電話
・訪問詐欺
・行方不明者のお知らせ・発見

などの情報がほぼリアルタイムに送られてきます。
また、まもめーるもアプリがリリースされています。

【大分県・防犯】まもめーる。アプリになって更に身近に。

 

※まもめーるの情報を確認するその他の方法

まもめーるの情報は、FacebookやTwitterでも見ることができます。

こちらは非公式ですが、同じように見ることができるのでメールを使わない人には便利です。

なお大分県警察のTwitterアカウントはありますが、防犯情報としては「まもめーる」のほうが良さそうです。

 

スポンサーリンク

臼杵市:意外と多い駐輪場の「自転車泥棒」

中学生・高校生が注意しておいてほしいのが「自転車泥棒」です。

自転車、車両を離れるときは短い時間でも鍵をかけるように注意しましょう。

参考:平成30年中の管内情勢について

【臼杵市】電話の詐欺・勧誘について

「まもめーる」でも、よく紹介をされていますが、オレオレ詐欺・なりすまし詐欺はかなり多いです。

特に高齢者を狙った不審電話がおおいそうです。

不審電話は「だまされない!」と思っても意外と簡単にだまされてしまいます。最近では詐欺をおこなう側も複数人でおこなったり、手口が複雑になってきているので見破るのもある程度知識が必要になってきています。

なりすましも「九電社員」や「消防職員」、「警察」、「防災センター職員」など色々なパターンがありますが、こういった詐欺電話は、

・お金を騙し取る
・個人情報を聞き出す
・強引に販売をする

などを目的として、おこなわれています。少しでも「あれ?」っとおもったら、

一度電話を切り、身近な誰か、また警察などに相談をしましょう。
また遠方にいる家族の方は日常的に連絡をとって会話をしましょう。

また、警察に届け出るまで行かなくても詐欺に近い電話も多いです。例えばインターネットや太陽光発電に関する営業の電話など、こちらも高齢の方を狙ったものがおおいです。

【注意喚起】ホントにNTT?安くなる光コラボレーションの勧誘電話について。

スポンサーリンク

【新しい情報が大事】防犯対策はしっかりしましょう。

今回は臼杵市で、防犯対策をするために必要な情報について紹介しました。

防犯情報を日頃から目にしていると、

「いま、こんなことが犯罪や詐欺電話がおこっている」

ということが自覚できて、予め注意することができるので、是非情報を手に入れて家族、また遠方に離れた家族と話をしてみましょう。ひとりだと防犯対策はムズカシイですが、

日頃から家族と会話

を大事にすると気づくことができる場合もあります。
犯罪に巻き込まれないために日頃から注意をしましょう。

スポンサーリンク

※防災対策について

大分県臼杵市に住んでいると台風・大雨などの災害また地震や津波といった心配事も多々あります。
こちらの記事には、臼杵市の情報、また日常的に知っておきたい情報、臼杵市が行っているイベント、実際に災害時によく使っている「防災アプリ」の紹介などをしています。

【災害に備えて】臼杵市の防災・減災について

-今日のえんどうさんち
-

Copyright© 臼杵のえんどうさんち: 臼杵市の観光・ニュース , 2019 All Rights Reserved.