今日のえんどうさんち

臼杵の読み方は?臼(うす)と杵(きね)のつく城下町の由来とは?

投稿日:

大分県にある「臼杵市」

この「臼(うす)」と「杵(きね)」は、

”臼杵”と書いて、

「うすき」

と読みます。

大分県臼杵市(おおいたけん うすきし)は、大分県の東側(海側)にある小さな城下町です。

スポンサーリンク

臼杵市の「臼杵(うすき)」の由来について

臼杵市の稲田という地区にある、
「臼塚古墳」の前に立っている「石で作られた武人の像(石甲)」が、「臼(うす)」と「杵(きね)」に似ており、昔から地元では

「うすきね様」

呼ばれて親しまれていたことが

うすき

という地名ができたと言われてます。

「臼塚古墳」は、今から1500年位前の古墳時代中期頃に作られた、全長87mと市内では一番大きい古墳です。

臼杵神社・臼塚古墳(臼杵市稲田)

大分県臼杵市大字稲田にあります。
民家が並ぶ細い道沿いで駐車場はないので、近くの公民館に止めるか、熊崎駅から徒歩で行きます。

 
 
 
 

スポンサーリンク

様々な名称?「城下町」「石仏の里」「ほんまもんの里」「う♥」「なぞのまち」

城下町 うすき

臼杵の街中は、臼杵城を中心に武家屋敷やお寺など、迷路のように入り組んだ城下町です。

臼杵城跡(臼杵公園)

石仏の里 うすき

臼杵市には、国宝でもある「臼杵石仏(まがいぶつ)」もあるので、「石仏の里」とも称されることもありますね。

国宝 臼杵石仏のあるきかた(大分県臼杵市)

有機の里 うすき

うすき夢堆肥などで完熟堆肥で土づくりをおこなった元気な畑の農産物「ほんまもん農産物」。臼杵市は、化学肥料、化学合成農薬を使わずに栽培された、安全・安心、そして美味しい農産物を推進するために付けられた名称です。

数年たった今では「ほんまもん農産物」も浸透していっており、「ほんまもんの里」ということもあります。ほんまもん農産物は「ひゃくすた」でも購入することができます。

【動画&ブログレポ】「ひゃくすた」で朝ごはん!毎月第一日曜日はほんまもん野菜!【大分県臼杵市】

う♥

臼杵市が2018年から行っている大規模なRRプロジェクト「う♡(すき)プロジェクト」の名称。

臼杵駅にも「う♥駅」となるなど、インスタグラム映えなどSNSをターゲットに若者にもっと臼杵を知ってもらいたいという思惑がある。

【大分県臼杵市】国宝臼杵石仏があなたの願いを叶える。石仏カムトゥルーキャンペーンスタート!

なぞの町 うすき

北海道のローカルテレビ局で放送された「水曜どうでしょう」の「サイコロの旅1」で登場した名称。DVDや地方局で放送されたので「大泉洋」ファンには、認知されてます。

スポンサーリンク

まとめ:時代に合わせた「うすき」の変化

今回は「うすき」の読み方、名称、そして名称にまつわるお話を書きました。

臼杵の人たちは、キャッチフレーズというものがうまいので、まさしく

「名は体をあらわす」

という、物が多いですね。

また、臼杵市の由来についてですが、
「臼杵神社」もし臼杵市に住んでいて近所であれば、一度は行ってみるとよいとおもいます。場所が場所なだけに、なかなか行きづらいですが

「市民なら一度は見ておきたいもの」

の一つではないでしょうか?

よろしければ、ぜひおでかけください。

-今日のえんどうさんち

Copyright© 臼杵のえんどうさんち: 臼杵市の観光・ニュース , 2019 All Rights Reserved.