まとめ・特集の記事

臼杵でお仕事探し!小さな町で収入源をまじめに考えてみる。

小さな町臼杵市に移住を考える上で、若い人が特に気なることは

「収入」や「お仕事」の部分ではないでしょうか?

小さな町臼杵市で、働いて収入を得るためには、

  • どのような働き方があるのかな?
  • どうやって地元企業で働くことができるのかな?
  • 自営業をはじめたい人はどうすればよいのかな?

などの疑問がでてきます。

臼杵市に移住してきた後に、いざ仕事を探そうとするとやはり難しいし

えんどう
「こんなはずじゃなかった」

となってしまうかもしれません。

今回は、臼杵市での「お仕事」についてスポットを当てて紹介いたします。

田舎に来たからといって、農業や水産業ばかりではない

わたしは、臼杵市に帰ってきてからの仕事に関して「農業」「システムエンジニア(フリーランス)」「スーパー勤務」「製菓店での製造」などを経験をしていますが、市内だけで仕事を探すのは、「夢」も必要ですが、正直ある程度の「覚悟」と「妥協」が必要になってきます。

臼杵で起業・就農・フリーランスなどを考えた上で移住してきた方は、予め準備はしてきているとは思いますが、そうではない方は、やりたい仕事が必ずしもあるわけではありません。

えんどう
移住をきっかけに自分にあった働き方を考えてみるのもありかも?

もちろん、普通に安定した収入源を得たい場合は、企業の「正社員」になるのが一番おすすめです。

でも働くことを含めた「ライフスタイル」を作りたくて移住してきた場合、まずは「臼杵でのいろいろな働き方」をまず知ってみるのも良いかもしれません。

今回は、わたしの経験談とともに「臼杵市のお仕事」について紹介をしていきたいと思います。

 

【PR】「臼杵のえんどうさんち」で掲載している移住実体験ブログ他に、大分県臼杵市移住定住・就職支援サイト「うすき暮らしナビ」では、「移住後アンケート」などで、移住後の就職についてや、実際に臼杵市に移住された方の生の声を紹介しています。他にも移住者の体験談も読むことができます

またこちらのサイトの「お仕事」から臼杵市の求人情報などを見つけることができます。

うすき暮らしナビ

大分県臼杵市移住定住・就職支援サイト「うすきう暮らしナビ」は、臼杵市に移住や定住を考えている人のための情報サイトです。

 

臼杵市での働き方について

地元企業での正社員(市内・市外)

地元の企業で「正社員」として就職する場合は、やはりハローワークで探すことが主となります。
前述している「うすき暮らしナビ」からもお仕事を検索することができます。

これはわたしが実際にハローワークに行って感じていたことですが、やはり臼杵市は小さい町なので「業種」は限られてしまいます(具体的に言えば造船業・医療・福祉関係など)。「自分がしたい仕事」というものを臼杵市内だけで見つけるとなると、正直少し難しいかもしれません。

その場合は、隣の市(津久見市や大分市)に、幅を広げてみると自分付きたい業種が見つかりやすい傾向にあります

その他、臼杵を代表する企業・スーパー・老舗がたまに求人を出していたりするので、自分でやりたい仕事を探しつつ、移住やハローワークの担当者の方に「現在の求人の傾向・情報」をきいてみてもよいかもしれません。

農業や水産業など

臼杵市は、海沿いということもあり水産業などの求人もあります。
また農業なら「有機の里」といわれ「有機農業」を推進している町でもあり行政も就農に力を入れていています。

現実的なところ、移住者全体の割合は農林水産業に就職する率は少ないのですが、それでも就農(農業を始めること)を目的とした移住者もいます。

えんどう
※農業・水産業ともに自営業として働く事を考えても良いですが、昨今は農業なども法人化しているところがあるので、社員として農業・水産業をするところがあるか?などハローワークや移住担当の方などに相談してみても良いかもしれません。

その他、臼杵市は「就農支援制度」があり、農業が未経験でも支援してくれる制度があります。

その他、臼杵市の地域おこし協力隊制度を活用して、農業経験や人脈づくりを積み上げ、任期終了後、臼杵市の有機農家として独立する人もいます。

自営業(フリーランス)

自営業(フリーランス)と一言に言っても「飲食店」や「雑貨屋」などの小店舗、また「デザイナー」や「システムエンジニア」など個人で活動する人などがありますが、そういった「自分の仕事」をもった、また起業・開業することを目的として移住される方もいます。

こういった方々は、「自分の仕事+生活」を含めた自分の「ライフスタイル」を決めて移住してきています。

また、昨今臼杵にも個性的なお店が増えていて、フリーランスの方々にとって臼杵市は「可能性の場」なのかもしれないなと感じています。

臼杵市ではこういった起業・開業する方々に対し、起業のノウハウや、お金の問題などを教えてくれる創業支援セミナーもおこなっています。年に2回ぐらい開催されており、修了者には、法人登記に係る登録免許税の軽減や、融資の拡充・特例などの優遇措置が受けられるので、起業を考えている方にはおすすめです。

※過去に臼杵市が主催した創業支援セミナーに潜入して、実際に講義を受けてきました。

今回は初回!臼杵市創業支援セミナー「起業に必要な夢やビジョンやビジネスモデル」に行ってきた。

パート・アルバイト

正社員として働く方法もありますが、地元企業にパートやアルバイトで働くという選択もあります。
企業などにもよりますが、パートでも福利厚生や保険なども充実しているところもあります。

ハローワークや求人雑誌などで探す方法もありますが、意外とまちなかを歩くと「求人募集!」の紙が貼ってあったりします。
また、「地元の人に聞く」というのも知らない求人があったりするのでおすすめです。

あと…これは当たり前なのですが、「賃金」と「仕事量」と「待遇」がやはりそれぞれで違うので、最初から一箇所だけと絞らずに不満があれば早めに切り替えたほうが良いかもしれません。小さい町なので「情」という上で仕事が成り立っているのも否定できないからです。

 

※他にも市の臨時職員など

臼杵市役所の臨時職員を臼杵市の広報誌を通して春頃に募集しています。
続けて働く年数に制限がありますが、給料・保険・交通費など、他のアルバイト・パートより安定した賃金は得られるかもしれません。
ただ臨時職員の場合は、勤務地が市内に点在しているので、「市内のどこに配属されるかわからない」というデメリットもあります。自分の住んでいる場所などと比べて妥協できるかの判断が必要になります。

※ちなみに臼杵市の「ほっとさん」を作ったのも臼杵市の臨時職員さんです(嫁です)。

臼杵のゆるキャラ「ほっとさん」とは?ホッと一息心にゆとりを。(大分県臼杵市)

市外近隣には業種が多い?どのようなライフスタイルを考えるか?

臼杵市に住んでいる方は、市内で醸造業、土木・建築業などをしている方、またお店など自営業をしている方、そして大分市内の会社にお勤めをしている方など色んな方々がいます。

移住をしてきたら、生活する上での「収入源」はとても大事です。
最初は臼杵市内で仕事を探そうとする人もいるでしょう。

「せっかく臼杵市に移住したのに市外で働くのかな?」

と考える人もいるかもしれませんが、正直「業種」を考えると臼杵市はあまり多い方ではありません。
特に、IT・システム開発関連などはほとんどありません

実際に私の周りでも安定した収入を得るために、市外へ働きに出る方が多いように思います。

  • 仕事は市外近隣へいき自分の望む職場へ
  • 生活・子育ては臼杵市の豊かな環境で

ある種臼杵市は「ベッドタウン」的な扱いになるかもしれませんが、それ以上に「子育て」「食生活」等々の生活環境 には大事な要素がたくさん詰まっているように感じます。

収入と生活とのバランスを考えたときに、こういった現実的なライフスタイルを考えて移住するのも一つのアイデアとして提案させていただきます。

臼杵での暮らしとお仕事のバランスうまく考えよう。

今回は、臼杵市でのお仕事について紹介をしました。

個人的な意見としては、私自身、今現在は自営業(フリーランス)兼パート社員なのであまり偉そうなことは言えませんが、自分にあった仕事を探し、収入をしっかり考えたい場合は、

  • ライフスタイルを考えてみる(収入と生活のバランス)
  • まずは相談(移住の担当者、ハローワーク等)
  • 必要ならば働く場所は、近隣の大分市・津久見市・佐伯市等に選択肢を広げる

という部分が大事になるのかなと思います。

昨今は、リモートワークなど新しい働き方もできるようになり、インターネットさえ繋がっていればお仕事ができたりもします。
仕事・就職面に関しては、まだまだ少し物足りない臼杵市ですが、生活するにはとても良い環境ですので、「令和」の時代に適したあなたの働き方を探してみるのもよいかもしれません。

また、

自分がやりたいこと・起業を目的として移住された方は、起業支援や空き店舗など行政の補助も充実しています。ご自分の夢を叶えたい人は、臼杵市を「挑戦の場・はじまりの場所」としてみてもよいかもしれませんね。

【移住・Uターン】僕が臼杵市で暮らし続ける理由

私の移住失敗談もある…臼杵市へ移住やUターンを考えている人へ。

-まとめ・特集の記事

Copyright© 臼杵のえんどうさんち: 臼杵市の観光・ニュース , 2020 All Rights Reserved.